[PR] 信用取引

大和悠河さん・湖月わたるさんを中心に、宝塚歌劇を語る日記です。
☆皆さんへ お知らせ☆
<< 2007年最後の、高価なお買い物♪ | main | 不足だー不足だー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
オールシュックアップ(29日昼公演)
おそばせながら…『ALL SHOOK UP』の感想を。


わたるさん、期待以上に、素晴らしく素敵な女性に(驚)
登場場面は、客席(特に会席…というか会席だけかな)から、笑い声が起こっていました…。
とかいいつつ、私も笑ってしまいました(汗)
しかし、時間が経つにつれて、登場場面で笑ったことを、忘れてしまうような、名演技でした。
名演技と言っても、まだまだ頑張らなくてはいけない部分もあるとは思いますが、サンドラ役が、ハマり役といってもいいくらいではないかと感じました。

この作品は、ロック系ミュージカル版『十二夜』という感じ…あと、コメディ色が強かったです
わたるさんが演じたサンドラは、十二夜に出てくるオリヴィアのような役でした。
主役のチャド(坂本さん)に惚れられ、チャドに近づくために男装した女の子のエド(アリスちゃん)に恋をしてしまいます。

チャドに惚れられる場面では、ヒールなのに、かなりの速さで追いかけっこしたり、
音がするくらい、チャドの頭を本で叩いたり、
カッコイイ女性でした(笑)
それにしても、かなり、倉庫?家?車?が、わたるさんサイズではないような(汗)

エドに恋してからは、恐ろしい女性に変貌(笑)
エドに惚れた場面では、銅像が何故か動きだし、わたるさんがエドに迫る迫る…
アリスちゃん、喰われそう(爆笑)
逃げて―――!と、心の中で叫びました(笑)
この場面で例のバナナがあったり、後にキャンディが出てきたり…
(ピンポンパンポーン♪
放送コードに引っかかりますので、ここでの詳しいリポートは出来ません。
あしからず、ご了承くださいませ(笑))


わたるさんが、現役時代、あまり好んでいらっしゃらなかったピンク色の衣装姿も、とってもとっても素敵でした。
ウエディングドレス姿も、素敵でテンションが上がりまくりました(笑)
しかも、ウエディングドレスは、ミニになるんです!!!
相変わらず、美脚!!!!!
DVDが発売されないのが、本当に残念です(泣)


アリスちゃんも、とても素敵でした。
ヅカでは、普段歌わないような音程での曲ばかりで、大変だったと思います。
女の子の姿も、もちろん可愛いのですが、男に変装した時に、走り方が女の子なのが可愛くて(笑)
バレないか心配しましたけどね〜(汗)
良いものをたくさん吸収され、成長されたと思うので、次のムラ公演での姿が楽しみです♪
新人公演のチケット、やっぱり、手に入れる努力をするべきだったなぁ〜(涙)
| ステージ | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:53 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://berubara06.jugem.jp/trackback/281
トラックバック


TOP

PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PHOTO DIARY
モバイル
qrcode
LINKS
THANKS LINKS
SPONSORED LINKS